離島と福祉医療のこと

福祉医療を必要としている高齢者や障害者は都会の町の中だけに暮らしているとは限りません。
そうした人たちの中には人口が少ない場所に住んでいる人もいます。
その中には多くの病院がある都会から遠く離れた地域に住んでいる人たちもいます。
そのような地域には交通の便があまりよくないような場所もありますが、中でも一番交通が不便なのは離島に暮らしている高齢者や障害者です。
離島はその四方を広い海に囲まれているために、島を出て本土に行くだけでも非常に手間がかかります。
日本は本土自体が四方を海に囲まれた島国であるために、そのまわりにも大小無数の島が点在しています。
ですからそうした地域で暮らしている人たちの数も思いがけず多数なのです。
それらの地域に人たちでも快適に医療を受けることができるようになることが福祉医療にとっての一つの理想の形です。
離島に住む高齢者でもしっかりと医療を受けられるように巡回診療を行っているような病院もあります。

Copyright(c) 福祉医療 離島 All Rights Reserved.