離島の医療に関して考える福祉医療

離島の福祉医療はこれからますます高齢化が進む事を考えていかないといけません。
また医師は都会でも不足している現状がありますが、離島でも同じようなイメージになっています。
他にも様々な問題があります。
医療機器や建物も老朽化している事が多いです。
こういった部分も少しずつ都道府県などが中心となって順番に設備の改善を行っています。
医師の確保も大変に重要な問題です。
こういった場所は高齢化が進んでいますから病気や怪我の確率が非常に高くなってきます。
国や地方自治体などは医師を確保するために研修生の受け入れなどを行っている所もあります。
また特殊な診療が必要な場合は大学病院などが巡回診療を行っている場合もあります。
またドクターヘリを含めた輸送体制も離島を多く抱えている所では重要な問題です。
福祉医療は民間だけの努力だけではなくて、国なども一緒になっていく事が大事です。
非常に厳しい中でどういう努力をしているのかはインターネットなどで簡単に閲覧する事が出来ます。

Copyright(c) 福祉医療 離島 All Rights Reserved.